名古屋の鍼灸治療院では椎間板ヘルニアに確かな手応えがある!

整体

ヘルニアになる主な原因とは何?

ヘルニアという症状を知っていますか?
ヘルニアとは「体の臓器などが外に飛び出してしまった状態」を意味しており、
脱腸なども鼠径ヘルニアなどと呼ばれることもあるヘルニアの一種です。
しかしヘルニアと聞くと最も思い浮かべられるのが「椎間板ヘルニア」でしょう。
この椎間板ヘルニアになってしまう原因とはどんなものなのでしょうか?

椎間板とは、背骨の腰の部分の骨と骨の間にある軟骨部分のことで、
この椎間板が何かの原因で飛び出してしまう現象が椎間板ヘルニアと呼ばれます。
神経を圧迫することで痛みを生じさせる症状を坐骨神経痛とも呼びますが、
この椎間板ヘルニアが発症する原因は、主に環境、遺伝、加齢が原因です。
環境とは姿勢や行動などで、腰部に負担がかかるような姿勢や運動を続けていることで発症しやすくなります。
また元々椎間板が出やすい形状の骨だったり、椎間板ヘルニアになりやすい体質だった可能性もありえます。
また家族に椎間板ヘルニアの方がいた場合、発症しやすいとも言われています。
そして加齢による原因もあります。
椎間板は20歳を区切りにどんどんと劣化していき、それによって飛び出してしまうことがあるのです。
上記の原因の中でも多くが男性に発症している傾向にあります。
仕事による腰部への負担などを、出来るだけケアしてあげるようにしましょう。